ホーム>スパナであばれ太鼓(整備ブログ)>日々のできごと>ハブシールオイル漏れ
日々のできごと

ハブシールオイル漏れ

諏訪店清水です!

 

寒い寒い冬ですが、晴れた日の青空の美しいこと。

2016128172022.jpg

でも、この写真にタイトルをつけるとなれば「晴天とレガードと僕」ではなくて「ガス欠と寒気と僕」です(*^^*)

 

無事に帰還したLT工場では早速新たな納車整備がスタートしております!

2016128172318.jpg

ZILからレガードへとお乗り換えになる今回。

同じカムロード同士と言うことで、

201612817240.jpg

「スマホの電池がすぐに無くなるのが最近の悩み」という超現代っ子コバマル先生がZILから部品を外し、

 

「ストーブの前で体温を充電する時間が長いのがみんなの悩み」というヨッシー選手が部品を取り付けます。

2016128172457.jpg

取り替える部品はLTコンフォートサスやカムロード強化スタビライザーなどなど、定番とさせていただいているパーツです。

 

そんなパーツを分かりやすく見て頂ける「カムロードベースシャーシ」をおもちゃの様に扱うのはヒデキさんなのですが、

2016128172822.jpg

何やってるんですか?雛人形でも飾るのかな?

まだ節分も終わっていませんよね^^;

 

まぁ何やら派手なディスプレイを作る予定ではございます。

2016128173025.jpg

こういった作業も早め早めに進めておかないとショー寸前で痛い目にあいそうですから・・・ね。

 

さて本日は東京のオルビスユーザー様に部品取り付けをご予約いただきまして、

2016128173149.jpg

・フロント緑スタビライザー

・リアスタビライザー

・エンドレスブレーキパッド

・オートクルーズ

日帰りでこのメニューでも手練の多いLT工場陣は午前中に仕上げてくれました\(^o^)/

 

作業中、一点気がかりだったのが

2016128173412.jpg

リアのアクスルシャフトシールからのオイル漏れ。

カムロードなどの車軸懸架方式の車両ではまま見受けられるトラブルです。

今回もリアスタビライザー取り付け時に発見しましたが、それが無ければ・・・ちょっと怖い話ですね。

 

点検要領とすればホイールに妙なオイルが付いていないか。デフオイルは匂いがきついので分かりやすいのでは無いかと思います。

ご自身でタイヤ交換をされるのであればブレーキドラムとハブ周りの湿り気がないか、目視点検は行ったほうが良いかもしれませんね。

普段乗りに比べれば使用頻度の低いキャンピングカーですからタイヤ空気圧、ボルト緩み、オイル漏れはセットで点検していただくとより安心です。

 

オルビスは大きなバンクベッドが特徴ですが、反面重心高は高くなりやすい車両。

緑色のスタビライザーとリアスタビライザーの組み合わせが活躍してくれることは間違い無さそうですね(*^^*)

 

納車整備に戻って、レガードのガラス窓をアクリル窓へ変更する作業に移ります。

2016128173841.jpg

好みの別れるところですが、キャンピングカーとして断熱性能を優先すればやはりアクリル2重窓の方が断然有利。

形状が微妙に違いますので少し開口を切り込んで、

201612817410.jpg

アクリル窓を装着。これを全部で5枚、替えていきます。

 

オマケですが、今バカ売れ中の新型プリウスを某お方から借りて試乗してみました。

201612817444.jpg

LTにはいわゆる「20型」と「30型(こちらは前期後期の2台)」がございます。

20型に比べると少しチープな感じがした30型、それを超えるスペックの新型ということで乗ってみましたが・・・

自分が乗ってきた車が総じてひどい乗り味なので全部良く感じちゃいますね^^;

 

でもとても良い車でした!

2016128174835.jpg

でもそれ以前に、ナビがデカすぎ\(^o^)/

 

それでは本日はこの辺で失礼します!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ltcampers.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/12213

ページ上部へ