ホーム>スパナであばれ太鼓(整備ブログ)>日々のできごと>リチウムVS鉛
日々のできごと

リチウムVS鉛

諏訪店清水です!

 

晴天続きの5連休ということで、皆様あちこちへ遊びに行かれている様ですが、それでもLT工場へも沢山ご来場いただき、大変感謝ですicon_mrgreen.gif

沢山のご用命をいただきましたが、最後は明日納車になるS様コルドバンクスの仕上げをコバマル先生と続けます。

DSC_0467 DSC_0467

DSC_0468 DSC_0468

ステッカー張り付けと

DSC_0469 DSC_0469

洗車をして、作業完了!

S様、大変おまたせいたしました!

 

さて、朝に展示車の鍵を開けていたとこに何となく思い立って「リチウムイオンバッテリー」の性能についてもう少しご説明がてら実験を。

DSC_0459 DSC_0459

満充電状態のコルドバンクス3。

家庭用エアコンを17℃に設定し、3時間全力で動かします。

 

同じく満充電状態のZILノーブル。

DSC_0458 DSC_0458

条件は同じです。

 

3時間後、残量計を確認しますと、

DSC_0466 DSC_0466

残り32%

 

そしてノーブル

DSC_0463 DSC_0463

%表記じゃ無かったですねc_sweat01.gif

およそ半分くらい?

残量の差が出たのはリチウムを積んだコルドバンクスは容量が200Ah、対するノーブルは当然300Ahの鉛バッテリーなので容量の差が出たわけですが

 

肝心なのが、「電圧」の差。

DSC_0465 DSC_0465

リチウムバッテリーはここまで消耗しても未だ13.2Vという、満充電時とほぼ変わらない電圧を示していますが、

 

対する鉛バッテリーは12.2V。

DSC_0464 DSC_0464

エアコンは停止していましたから、エアコンが稼働していた際はおそらく11V台にまで低下していたのでは無いでしょうか?

バッテリー残量 = 電圧

 

とならない理由はバッテリー特性が絡んできます。

要はリチウムイオンバッテリーの方が電圧が下がりにくいということで、それが最大の魅力なのですが・・・。

だんだん話が終わらなくなって来ましたねc_sweat01.gif

リチウムイオンを積んだコルドバンクスはほぼ残量計どおり、つまり0%に近くなるまでエアコンが動き続ける(と思う)ということです。

ZILノーブルはバッテリー残量は計算上あるのですが、電圧降下の大きいエアコンや電子レンジは早めに使用不可になる(と思う)ということ。

 

もっと早くこういうネタを書くべきでしたねc_sweat01.gif

まだまだリチウムイオンバッテリーは普及が遅れておりますが、キャンピングカーとの相性が抜群という事は少しでも分かっていただけたかな・・・?

 

それでは本日はこの辺で失礼しますe_good.gif

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ltcampers.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/8906

ページ上部へ